読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月から施行される新制限について

 
こんにちは!今回はタイトル通り6月から施行される新制限について話したいと思います.
 
 
規制内容は前回のノキエルの記事でも少し触れましたが
『ドクトロイドリフロス』と『コスモスの妖精リズベット』の1枚制限というもの。
 
まず『ドクトロイドリフロス』
皆さん知っての通りノキエルの主力として大暴れしました。G3ノキエルがVにいるとブロークンハートや各種ペガサスをパンプしつつアドをとり、さらにスタンドトリガーなのでどんどんデッキを圧縮しドライブでリフロスを捲って超絶パワーのユニットが起きる、という非常に強力なカードでした。
正直リフロス4投のこのデッキに関してはヴァンガードとは違う別ゲー感があったので妥当な規制かと思います。
 
次に『コスモスの妖精リズベット』
これはネクストさん考案のデッキ、『無限メイデン』にて悪用されたため制限に追い込まれたものだと思います。
デッキの内容としてはロストメモリーフルーツバスケットで点を与えずアドをとりつつ山を削り、最後に無限5パンを2回してゲームエンドまで持ち込むというものです。
その無限の出し方にこのユニットが絡んできます。
まず山をトゥーリア、リズベット、スイートベリーのみにした状態でマルチビタミンに超越し、盤面にはリズベット(もしくはリズベットの名前をコピーしたトゥーリア)を置いておきます。 
そしてリズベットをコール、元々盤面にいたリズベットのパワーが上がります、ここでリズベットの開花効果が誘発し今出したリズベットを墓地0枚戻し指定で山に戻し1ドロー、引くのは実質リズベットしかいないのでこの過程を無限に繰り返すことができるというわけです。
そうするとマルチビタミンの5000パンプが入り続けループに入り元々出していたリズベットのパワーが無限になるというわけです。
手札のリズベット、トゥーリア、スイートベリーの分だけ山の中の不純物が1枚ずつ削られていくので成功率も非常に高くCSでも結果を残しました。
 
この2枚の他にも『チクタクワーカー』『タイダルアサルト』『ブロークンハート』『コマンダーローレル』が規制検討リストに入っていましたが今回はお咎めなし、といってもこの検討リストに何度も入った『サンクチュアリガードレガリア』が一度も規制に引っかかったことがないことから大した意味はないと思います。
 
今回ループ系のスタンドトリガーが2個も消えたうえに、勇輝剣爛のスタンドトリガーがソウルに入ったりアタックフェイズに山に帰ったりするものだったのでこれからのブシロードはループを嫌っていくスタンスなのかなと感じました。
なんにせよこの規制でノキエル一強時代が終わり、色々なデッキが活躍できるようになる環境がくればいいなと思います。