読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gガーディアン+Gゾーン16枚で変わる環境

 
こんにちは!今回はこれからのGガーディアン+Gゾーン16枚環境について話したいと思います。
 
4月にヴァンガード公式からの発表がありGゾーンが今までの8枚から16枚への増加、そしてGガーディアンシステムの導入が決定されました。
 
Gガーディアンとは互いにG3のVが存在するときに治トリガーを手札から捨てて発動できるものでGゾーンから出現します。
当然Gガーディアンもカードによって様々なテキストがあります、現状の共通点はガード値が15000あるということでしょう。
条件を満たせば20000ガードになるものやリアに抵抗をつけるもの、手札を一枚捨てて25000ガードになるものとすでにこの時点でかなり面白い効果のものがたくさん出てきています。
 
今までのヴァンガードは攻撃のインフレに対して防御側のインフレが進んでいないものでした、それに対する救済措置と思われます。
そして今までは普通にゲームが進めばGB2を最初に達成するのは後攻側でしたが、Gガーディアンの登場によって先行で治を切ってGガーディアン発動→いきなりGB2超越効果発動という流れができるようになりました。
これで先行後攻の有利不利もほぼなくなったように思えます。個人的にGガーディアンという試みは非常に面白いと思いました。
 
そしてGゾーンの増加、これもいい試みというよりはGガーディアンが増えた以上は当然かって感じはありますw
というより単純にGガーディアンの枠を増やした12枚ではなく、16枚というところが評価できる点だと思います。
増加枠8枚全てGガーディアン投入ってわけでは当然ないと思うので現状でもかなりデッキに幅が出てくると思います。
わかりやすいところだとギアクロニクル。
今まではGゾーンがカツカツで投入が厳しかったクロノスコマンドレヴォリューションなども採用候補に入ってきます、というよりノキエルが流行している今なら必須クラスかもしれません。
 
その他にもGガーディアンによってクレイエレメンタルが簡単に裏返るということはポックルやティアが使いやすいということにもつながります。ノキエルの他にも七海やギアクロニクルがポックルをサーチしながら連打してくるとなるとリンクジョーカーは少し向かい風かもしれません。
 
とりあえずこんなもんだと思います。
僕は今のところノキエルを使い続ける予定ですが面白いデッキがどんどん出てきそうな予感がして今から楽しみです、Gガーディアン環境も楽しんでいきたいと思います!