ヴァンガード環境変遷(極限突破〜蒼嵐艦隊環境)

 
ついにリミットブレイク(以下LB)環境には入ります!
 
・『極限突破』環境
新たに『ゴールドパラディン』『なるかみ』『エンジェルフェザー』が単一クラン構築可能に。 アニメ2期の設定上でロイヤルパラディン、かげろう、シャドウパラディンが封印されロイヤルパラディン的立ち位置で出てきたのがゴールドパラディン、かげろう的立ち位置で出てきたのがなるかみでした。
LBという4点以降有効なスキル持ちのユニットでは前列全てにアタックするというド派手なスキルを持つ『ドラゴニックカイザーヴァーミリオン』などが登場しました。
では肝心の環境はどうだったのか…
 
ロイパラ、かげろう、オラクルの三竦みでした!環境全く変わらず!!!
スキル自体がマジェやジエンド、ツクヨミなどと比べると劣っている上にLBという制約も重くのしかかっていたイメージがあります。それに加えて不十分なプール。
新規勢も環境トップの一歩手前まではいったものの大きく環境が動くことはありませんでした。
 
 
『獣王爆進』環境
新たに『グレートネイチャー』が単一クラン構築可能に。
環境としてはオラクルシンクタンクの新たなFv『ルル』の追加により『ココサクヤ』という新たなデッキタイプが追加、大量ドローによるアドバンテージの獲得からトムで削っていくデッキでした。ツクヨミよりプレイングの差が出にくかったので個人的に結構好きでしたw
その他は特に環境に現れることはなかった上にルキエ以外のカードのシングル価格が軒並み安かったことも加わって『獣王爆死』とか言われる少しかわいそうな弾でした、高騰したとはいえココは2弾のかーどですしね。
 
 
『蒼嵐艦隊』環境
アニメ2期ボスの使用クランである『アクアフォース』が登場(その前にTDで単一クラン構築は可能になっていました。)
『次元ロボ』名称の追加などもあり非常にアツイ弾だったと思います。
基本的に3すくみ環境は変わらなかったもののネオネクタールの『アルボロス』がその連携を決めた時の強力さから環境に顔を見せたと思います。
ただやはり連携を決めた時と決められなかった時の差が大きすぎたため他の3つと比べると安定という面では劣っていたと思います。
 
極限突破、獣王爆進、蒼嵐艦隊環境は新規クランの追加や既存クランの追加などヴァンガードそのものとしては盛り上がりを見せた弾でしたが、環境的には封印されたはずのロイヤルパラディンやかげろう、