読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現使用デッキ紹介(ノキエル)

 
今回環境変遷の記事はお休み!現在環境にたどり着くまでずっと環境変遷の記事だとあまり面白くないので間にいろんなヴァンガード関連の記事を書いていきたいと思います。
今回は現在使用しているデッキを紹介したいと思います。
 
とりあえずデッキレシピから
 
G3 ノキエル4 マルキダエル1
G2 ノキエル4 ブロークンハート4 サリエル3 ポックル2 ドリームライト1
G1 旧完全ガード4 ノキエル4 ナキール3 サウザンドレイペガサス4
G0 Fv トゥルエル 醒8(ノキエル、リフロス)引4 治4
Gゾーン ラファエル4ノキエル4シブリーズ1ウリエル1アグリーム1スクリュー1ディズメル2オリフィエル2
 
ほぼ世の中に出回っているテンプレ型のノキエルと同じ構築だと思います。
 
とりあえず思考停止で各グレードのノキエルは4投、ブロークンハートもデッキの要となるので4投。サリエルも4投の人が結構いた気がしましたがマルキダエルを採用するとどうしても枠が取れませんでした。
そこまでCB回復が必要なかったのと横のブロークンハートを守るために旧完全ガードを採用。
キール4.サウザンドレイペガサス2型のほうがメジャーかもしれませんが、Gガーディアンの搭載によって超越を挟まないでG3ノキエルスキルでゴリ押す試合があったのでナキール3.サウザンドレイペガサス3という配分にしました。
 
Gゾーンが8枚から16枚になって変わったのは4枚目のノキエル、ウリエル、新規カードのシブリーズ追加、そしてGガーディアン勢の追加です。
4枚目のノキエル追加によりリンクジョーカー相手にポックルをダメージと場でクルクルさせる動きが4回できるようになったり、無限メイデンなどのCBを与えてこないデッキ相手へのパンチ回数を増やすことができるようになりました。
新規カードではシブリーズの追加によりライドスキップに完全に耐性を持つことができ、各種Gガーディアンにより今まで以上の防御力+アグリームによるルーティング力を手に入れました。
 
ギアクロなどもFc2016の新規カードによりGガーディアンウルルやワープドライブなどの強力なカードを手に入れ、Gゾーンの枚数増加によりレヴォリューションを採用できたりとかなりの強化を受けていますがそれでも現状ではノキエルのほうがデッキとしての性能は高いでしょう。
現環境で流行している七海相手にも当然有利をとることができ、言うなればノキエル一強環境と言えます。
今までもシングアビスなどの一強環境は存在しましたがどれもインフレの波や規制に飲み込まれていきました。ノキエルという現状最強のデッキはこれからどんな道を辿っていくのでしょうか、使用者の僕が言うのもなんですが楽しみです。
 
 

ヴァンガード環境変遷(虚影神触〜双剣覚醒)

 
今回も前回に引き続きヴァンガードの環境変遷について紹介していきたいと思います。
 
・『虚影神触』環境
アニメ1期ボスキャラの使用クランである『シャドウパラディン』、その他には『メガコロニー』『ディメンジョンポリス』が単一クランで構築できるようになりました。
シャドウパラディンはその美麗なイラストとレアリティの高さからオラクルシンクタンクに並ぶ高価デッキとなりましたがそこまで強いといったわけではなく、やはりこの環境もロイヤルパラディン、かげろう、オラクルシンクタンクの三つ巴環境だったと思います。
 
環境が大きく動くのは次弾…
 
 
双剣覚醒』環境
新たに『ネオネクタール』『むらくも』が単一クランで構築可能に。
アニメ1期ラストにふさわしい主人公やラスボスの切り札だらけの弾となり、それも前回のような肩すかしではなく環境を激変させる弾でした。
『マジェスティ ロードブラスター』
『ドラゴニックオーバーロードジエンド』
やはり環境を大きく動かしたのはこの2枚でしょう。立場的には上2枚と同格の扱いでラスボスの使用カードとして刷られた『ファントムブラスターオーバーロード』はここも大きく環境に絡むことはありませんでした。
オラクルシンクタンクには3種類目の☆トリガー、『バトルシスターじんじゃー』や『戦巫女タギツヒメ』などの優秀なカードが登場し、ツクヨミも強化。
またもロイヤルパラディン、かげろう、オラクルシンクタンクの三つ巴環境になるも正確にはロイヤルパラディン(マジェ)、かげろう(ジエンド)、オラクルシンクタンクツクヨミ)と大きく様相を変えました。
 
ここからはロイパラとかげろうのこの弾での追加カードを解説していきましょう。
 
まず『マジェスティロードブラスター』
ブラスターブレードとブラスターダークを吸い込むことで先行3ターン目から22k.☆2パンチが可能に。ここで3パン+☆2の攻撃に☆を捲られたりするとその時点でゲームエンド、そうでなくても巻き返せない点差をつけられてしまいます。
しかもソウルにブラスターブレードとダークがいると相手ターンだろうが常時12kに!ぶっぱしてからの硬さも評価されていました。
そしてこの動きをサポートするのが以下2枚
 
『スターコールトランペッター』
CB2でブラスター名称を山から1枚コールします。マジェのパーツを集めるもよし、展開補助に使ってもよしの優秀なカードでした。
 
『ういんがる ぶれいぶ』
今なお使われている優秀なカードです。
パーツを集めるだけでなくG3事故の回避にも役立ちました。
 
 
そしてかげろう
『ドラゴニックオーバーロードジエンド』
驚愕のVスタンド、今までもMrインビンシブルなど非現実的なテキストのものは存在しましたがこんなに簡単にVが起きるのははじめてのことでした。
しかもペルソナブラスト(同名切り)を要求されているからでしょうか、1枚枚数を増やした上でパンチ数を一つ増やしてきます、これはすごい。
そしてクロスライド、Vにドラゴニックオーバーロードがいると常時13kになります。これを意識したラインを組むのがこの環境では非常に重要視されていました。
 
『バーニングホーンドラゴン』
今でこそ普通ですがこのころのこいつの査定は完全にイカレてました。バニホ+8kバニラで20kラインを作られるため10kのVをメインに据えているクランが軒並みこいつにやられていきました。
マジェ相手に単騎で5k要求をとれるのも強かったです。
 
 
 
今回はここまで、次回からはついにLB環境には入っていきます!!
 
 

ヴァンガード環境変遷(竜魂乱舞〜魔侯襲来環境)

 
今回も前回に引き続きヴァンガードの環境変遷について書きたいと思います。今回は2弾と3弾環境について書きたいと思います。
 
『竜魂乱舞』環境
新たに『グランブルー』と『スパイクブラザーズ』が単一クランで構築できるようになりました。グランブルーは墓地干渉というとてもカードゲームらしいギミックを持っていましたがまだプールが足りない感は否めませんでした。
 
そしてこの環境のトップもやはりロイヤルパラディン
騎士王降臨環境のままでも手がつけられなかったのにさらに今弾で『ハイドッグブリーダーアカネ』『ぽーんがる』『ソウルセイバードラゴン』などの強力な強化が見受けられました。
ばーくがるのおかげでG2事故が基本的にない、という話は前記事でしましたがぽーんがるソウルセイバーによりG3事故の確率すら軽減することができるようになりました。
圧倒的なスペックに加え、他クランがライド事故の可能性を抱えながらゲームをやっている中ロイヤルパラディンだけがその可能性を限りなく低くしているわかりやすい一強環境だったと思います。
 
 
『魔侯襲来』環境
新たに『ダークイレギュラーズ』『ペイルムーン』が単一クラン構築可能になりました。
両クランともソウルを扱うテクニカルなクランでしたがまだここもプールが出揃っていない感は否めませんでした。
そんな中ロイヤルパラディンは『バロミデス』という強力なカードを獲得、一強環境は継続かと思われました……が!
 
【2011/9/5より『ばーくがる』のファーストヴァンガードとしての使用を禁ずる】
との公式の通達、全国大会のロイパラのシェアとばーくがるの異常な凶悪さを考えてのことでしょう。
 
これにより密かに力を蓄えていたかげろう、そして魔侯襲来で新たに収録された『ツクヨミ』シリーズが環境にあがってきました。
そしてばーくがるを失ったもののロイパラは未だ健在、3弾連続収録のプールの広さで環境に居座りました。
 
3弾環境はロイヤルパラディン、オラクルシンクタンク、かげろうの三つ巴環境だったと思います。
特にツクヨミシリーズによるオラクルシンクタンクの躍進は凄まじかったです。
ツクヨミの5枚トップを見てボトムにおくる効果を利用し、ボトムを全て記憶するいわゆる『ゾーン』戦術は高いプレイヤースキルを求められる非常に面白いデッキだったと思います。
ただ半月、満月、アマテラス、しょこらなどを筆頭に高価カードの束みたいなデッキだったので本来のターゲットである小中学生の使用者はそこまでいなかった気はします。
 
とりあえず今回はここまで、次回は4弾〜5弾の環境について書きたいと思います。
 

ブログ始めました+ヴァンガード環境変遷(騎士王降臨環境)

 
ブログはじめました!どうもアルリムと申します。
このブログでは今人気のカードゲーム、ヴァンガードについて取り扱っていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。
 
最初に挨拶だけというのは少し寂しいのでヴァンガードの環境について何回かに記事を分けて語りたいと思います。
基本ルールは知っている前提で試合環境について話していきたいと思います。
 
まずは懐かしき第一弾『騎士王降臨』環境。
発売日が東日本大震災直後だったのが非常に印象深かったです。
ここまではいわゆるトライアルデッキしか発売しておらず、ここから本当のヴァンガードが始動したと言っていいでしょう。
全80種類のカードの追加、『ロイヤルパラディン』、『かげろう』に続く単一で組めるクラン、『オラクルシンクタンク』と『ノヴァグラップラー』が登場しました。
その他に単一で組めるクランにはいわゆる完全ガード互換が配られました。
では肝心の環境はどうだったのか、ほぼ『ロイヤルパラディン』の一強でした。
なぜそうなってしまったか、やはり『ばーくがる』の影響が強いでしょう。
後々説明しますがこのばーくがるはVG初の規制対象となったカードであり、今なおFvとしての使用を禁じられています。
 
テキストとしては
(自)他の《ロイヤルパラディン》がこのユニットにライドした時、このカードを(R)にコールしてよい。
(起)【(R)】【このユニットをレストする】あなたの山札から、「未来の騎士リュー」か「ふろうがる」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。
 
というものでした。
現在でいうところの『先駆』持ち、ファーストヴァンガードです。
このカードの強い点は『パンチ数の増加』と『ライド事故率の軽減』でしょう。
 
わかりやすい比較対象として同期Fvである『ロゼンジメイガス』と『ターボライザー』を挙げます。
このカードはFvとして盤面に登場後、6000ブースターとなって山札に帰っていきます。利点としてはトリガー率をあげることができ、ノーマルユニットのファーストヴァンガード(以下Fv)に枠を割かなくていいということでしょう。
ではばーくがるはトリガー率をあげるどころかデッキからトリガーを引っこ抜いてくるんだから弱いのでは?
 
…そうではありません。
ヴァンガードは単純にパンチ数を増やせば増やすほどアドバンテージが取れるゲームです。
殴るだけで一点入るかガードを切るという選択肢を相手に強要しているわけです。
要するにばーくがるを捻りまくって殴りまくれば他のクランとはそれだけで枚数差がついてしまうということです。
しかもロゼンジメイガスやターボライザーが山に帰っていく時点でばーくがる+リューorふろうがるが盤面にいるわけですからその時点で2枚差がついています、テキストを解決しただけなのにです。
 
そしてヴァンガードには『ライド事故』という避けられないものが存在します。
グレード1→グレード2→グレード3と順番に最速でライドできないことを指しますがばーくがるはその確率すら軽減し始めます。
 
さらにこの弾の目玉であるロイヤルパラディンのメインユニット『騎士王アルフレッド』。
このユニットはブーストできず、代わりに他の自分のユニットの枚数1枚につきパワーが2000ずつ上がっていくというものです。
ばーくがるは自身を捻っているので当然ブーストはできず、代わりにユニットを呼び出していくテキストなのでこれは凄まじい噛み合いです。
 
ヴァンガード初弾である騎士王降臨は『ばーくがる』という凶悪なカードに荒らされまくった環境だと言えるでしょう。
 
とりあえず今回はこの辺で。
次回は2弾、できれば3弾環境くらいまで語っていきたいと思います。