6月から施行される新制限について

 
こんにちは!今回はタイトル通り6月から施行される新制限について話したいと思います.
 
 
規制内容は前回のノキエルの記事でも少し触れましたが
『ドクトロイドリフロス』と『コスモスの妖精リズベット』の1枚制限というもの。
 
まず『ドクトロイドリフロス』
皆さん知っての通りノキエルの主力として大暴れしました。G3ノキエルがVにいるとブロークンハートや各種ペガサスをパンプしつつアドをとり、さらにスタンドトリガーなのでどんどんデッキを圧縮しドライブでリフロスを捲って超絶パワーのユニットが起きる、という非常に強力なカードでした。
正直リフロス4投のこのデッキに関してはヴァンガードとは違う別ゲー感があったので妥当な規制かと思います。
 
次に『コスモスの妖精リズベット』
これはネクストさん考案のデッキ、『無限メイデン』にて悪用されたため制限に追い込まれたものだと思います。
デッキの内容としてはロストメモリーフルーツバスケットで点を与えずアドをとりつつ山を削り、最後に無限5パンを2回してゲームエンドまで持ち込むというものです。
その無限の出し方にこのユニットが絡んできます。
まず山をトゥーリア、リズベット、スイートベリーのみにした状態でマルチビタミンに超越し、盤面にはリズベット(もしくはリズベットの名前をコピーしたトゥーリア)を置いておきます。 
そしてリズベットをコール、元々盤面にいたリズベットのパワーが上がります、ここでリズベットの開花効果が誘発し今出したリズベットを墓地0枚戻し指定で山に戻し1ドロー、引くのは実質リズベットしかいないのでこの過程を無限に繰り返すことができるというわけです。
そうするとマルチビタミンの5000パンプが入り続けループに入り元々出していたリズベットのパワーが無限になるというわけです。
手札のリズベット、トゥーリア、スイートベリーの分だけ山の中の不純物が1枚ずつ削られていくので成功率も非常に高くCSでも結果を残しました。
 
この2枚の他にも『チクタクワーカー』『タイダルアサルト』『ブロークンハート』『コマンダーローレル』が規制検討リストに入っていましたが今回はお咎めなし、といってもこの検討リストに何度も入った『サンクチュアリガードレガリア』が一度も規制に引っかかったことがないことから大した意味はないと思います。
 
今回ループ系のスタンドトリガーが2個も消えたうえに、勇輝剣爛のスタンドトリガーがソウルに入ったりアタックフェイズに山に帰ったりするものだったのでこれからのブシロードはループを嫌っていくスタンスなのかなと感じました。
なんにせよこの規制でノキエル一強時代が終わり、色々なデッキが活躍できるようになる環境がくればいいなと思います。
 

現在使用デッキ紹介(勇輝剣爛環境)


今回は現在僕が使用しているデッキを紹介したいと思います!
とりあえずレシピから


G3 ノキエル4 ガウリール1 サラカエル1
G2 ノキエル4 ブロークンハート4 ハールート3 ザバニーヤ2
G1 レムノン4 ノキエル4 ナキール4 スマッシュハート2
G0 リドワン1 醒9(ノキエル4サージェリイ4リフロス1)☆3(クリティカルヒット)治4

Gゾーン ガウリール4ラファエル2ノキエル2シブリーズ1ザカリエル1ウリエル1スリエル3オリフィエル1スクリュー1

見ての通り勇輝剣爛で強化されたノキエルで、新制限対応構築です。
『ドクトロイドリフロス』の一枚制限は厳しいですがあれを4枚搭載しているノキエルは完全に別ゲーだったのでちょうどいいバランスのデッキになったと思います。

ここからは勇輝追加組の解説をしていきたいと思います。

『ドクトロイドレムノン』
救援持ち完ガです。G1ノキエル同様相手ターン中にダメージの入れ替え(しかもトリガーチェックによるパワー増加の可能性つき)を起こすことができるのでブロークンハートとはもちろん相性抜群、非常に強力です。

『スリエル』
救援持ちGガーディアンです。しかもこちらはレムノンと違い救援前に1枚デッキトップを見て上か下か決められます、ダメトリやノキエルが落ちる確率をあげられるので強力、というよりは凶悪と言うべきかもしれません。

『スマッシュハート』
救援やドリームライト、サリエルなどで誘発する効果。こいつでポコポコアドをとっていきます、ただただ強い。

『ザバニーヤ』
G4ガウリールがVにいるときにハールートから出てきて1ライン復活、しかもガウリール効果で更にパンプとパンチ数と打点を増やすカードです。

『サラカエル』
ミラーや対ペイルでのフィニッシャー。
ミラーや対ペイルではスマッシュハートはあまり使わずソウルを溜め込み最後にサラカエルで爆発的パワーを作り出し後述するサージェリイで起こしまくってキルします。

『リドワン』
救援から更にパンチ数を増やし打点もあげます、前回までのノキエルよりは全体的に連パン寄りになったとおもいます。

『サージェリイ』
新スタンドトリガーです。G0ノキエル、リフロス同様強力、このクランのスタンドトリガーの優遇具合はハンパじゃありません。
バトルフェイズ中の効果なのでガウリールターンにパンプを振ったりサラカエルのラストターンでも役立ちます、1ディスとはいえトリガーチェックを一回増やせるのも魅力的です。

『G4ガウリール』
大量にトリガーチェックしながら打点をあげていきます、恐らく今回追加分では最強のカード。
このスタンドトリガーが大量に入ったデッキでハールート、ザバニーヤ、サージェリイなどを絡ませていくと恐ろしい数攻撃することができます。


リフロスの制限で環境から落ちるかと思われましたがまだまだ一線級、使い続けていきたいと思います。



ヴァンガード環境変遷(騎士王凱旋環境)


ついにアニメも3期に突入、新環境に入っていきます!

3期の新たなシステムはBR(ブレイクライド)
LB達成状態のBR持ちユニットにライドすると発動する効果です。
例を挙げるとTDに収録されていたゴールドパラディンの新ガンスロッドはBR発動時にリア3体に+5kという強力なものでした。

新たに『ジェネシス』が単一クランとして構築可能に。 封印されている設定だったロイヤルパラディンも宝石騎士という新たな名称を引っさげて帰ってきました。

では環境はどうだったのか。
初期の頃はゴールドパラディンの新名称『解放者』となるかみの『抹消者』の二強環境のような雰囲気が出ていましたが、研究が進みガントディセ型の抹消が出来上がるとほぼ『抹消者』一強環境だったと言っても過言はないと思います。

なぜあんなにばらけていた環境が抹消者一強環境になってしまったのか、それはこのカードの影響が大きいでしょう。

《抹消者ドラゴニックディセンダント》
LBでVにいるこのユニットの攻撃がヒットしなかった時CB1.抹消者ハンドコスト3枚でクリティカルが+1されつつスタンドする凶悪なカードです。
CB2で自身のパワーを+5000するテキストも持っておりスタンド効果と非常に相性のいいものでした。
結果から言うとこのカード、強力すぎたためわずか3ヶ月足らずでデッキ内2枚制限をかけられてしまいます。
マジェ、ジエンド、ツクヨミですら約一年規制をかけられなかったことを考えるとこのスピードは異常といっていいでしょう、2016年5月末現在でもこの記録は破られていません。

しかも抹消者はディセンダント一辺倒のデッキではありません、もう一枚のRRR.G3を見てみましょう。

《抹消者 ガントレッドバスタードラゴン》
LB、このユニットがVにいるときにカード効果で相手ユニットが退却するとクリティカル+1.パワー+3000というカード。抹消者CB2で相手選択で1体焼かせる効果も持っています。

一見ディセンダントのような派手さは持っていませんが非常に強力なカードです。
この時の環境はLBの発動タイミングをいかにコントロールするか、ということが重要でした。
先上がり(相手より先にLB達成)、後上がり(相手より後にLB達成)という概念も生まれました。
自分が先上がりし3点の相手にクリティカルつきガントレッドで攻撃するとこちらがクリティカルを1枚捲っただけで試合が終了してしまうのでそうそう通せません、そうして点数をコントロールしていきます。
万が一クリティカルを捲れずに5点になったとしても次ターンにディセンダントに乗り換えることで凄まじい量のハンドを削ることができる絶妙な噛み合いを見せていました。


というわけでこの環境は新クランの追加や名称の追加で色々なデッキタイプが増えましたが結果的に『抹消者』一強環境となってしまいました。

今回はここまで!



ヴァンガード環境変遷(竜騎激突環境後編)


今回は前回の続き、竜騎激突環境後編(新制限導入後)の環境について話したいと思います。

前回でも話した通りロイヤルパラディン、かげろう、オラクルシンクタンクが大きな弱体化を受け今まで中堅クラスだったクランが一気に環境に出てきました。
今回はそのクランとデッキタイプについて解説したいと思います。


・ゴールドパラディン

【エイゼル】
『プラチナエイゼル』という強力なカードを手に入れたエイゼルがようやく環境に上がってきました。効果はUB(アルティメットブレイク)CB3でリア5体にパワー+5000と当時ではド派手なもの。専用自爆の『ホワイトライオン』やバーニングホーン互換の『バグデマグス』などを有し安定性の高いデッキでした。


【デューク】
EB追加組のデュークも環境に上がってきました。連携ライドの爆発力から生み出される序盤の速攻はとても強力でした。


・なるかみ

THE BLOODという新たなヴァーミリオンを得ました。バーサーク互換であるデスサイズやバーニングホーン互換のダストプラズマを所持し、派手ながらも優秀な基盤を持ったデッキでした。

・オラクルシンクタンク

【ココクッキー】
ツクヨミはほぼ構築不能になったもののこちらは健在。竜輝激突で『バトルシスターくっきー』という強力なカードを新たに得ました。
サイレントトムは2枚しか採用できないものの大量ドローでのアドバンテージ獲得はとても強力で、この環境のトップ候補でした。


・エンジェルフェザー

個人的にこのデッキがこの環境のトップだと思います。展開力、先行LB、スペライ、打点全てが揃っている上に他のデッキが手札だけで戦っているのに対しこのデッキはダメージもハンドのようにいじることができます。
G3がメタトロン4枚のみの構築は非常に美しかったです。


・ネオネクター

【アルボロス】
理不尽連携ライドは健在、アルボロスカローラを決められた瞬間に盤面干渉を有していないクランはかなり不利になってしまいます。
札を増やして打点もあげるという動きは理論上最強ですがやはり連携ライド、安定はしませんでした。


・アクアフォース

【メイル】
アニメ2期のラスボスが使用する『グローリーメイルストローム】を新たに得ました。
ディアマンテスなどから繰り出される連続パンチはガンガン手札が削られていくのでどうしてもダメトリ期待になってしまい相手をすると非常にめんどくさいクランでした。


とりあえずこんなもんかなと思います。
僕はこの環境がヴァンガードを通して一番好きだったので記事を書いてて懐かしい気持ちに浸れました。
次回の環境変遷記事はついに10弾に突入します!


ヴァンガード環境変遷(竜騎激突環境前編)

 
今回は環境変遷回です!
 
『竜騎激突環境』
 
アニメ2期最終弾に相応しい派手なカードだらけの弾となりました。
主人公やライバル、ラスボスが使用する切り札ユニットが大量収録。
『グローリーメイルストローム』『日輪アマテラス』『イルミナルドラゴン』『プラチナエイゼル』『ヴァーミリオンTHE BLOOD』など過去のカードを指定したクロスライド持ちも大量収録されたとても熱い弾でした。
メタトロンなど後々環境に大きく絡んでくるカードも登場していましたがまだ研究が進まず環境は依然ロイパラ、かげろう、オラクルの三竦み、それどころかブラスターブレードスピリットによりマジェが強化されました。
この環境がいつまで続くのかと思っていたある日、ヴァンガード界に衝撃が走りました。
 
 
【2013年1月1日より《騎士王アルフレッド》《マジェスティロードブラスター》《ういんがるぶれいぶ》《リザードソルジャーコンロー》《ドラゴニックオーバーロードジエンド》《サイレントトム》《神鷹 一拍子》をデッキに合計2枚までしか投入してはならない。】
 
 
そう、ついにファイターズルール更新、いわゆる規制です。
これにより上の3クランが受けた被害は当然甚大でした。
かげろうはコンローを切らなければジエンドを2枚投入できず無理して2枚入れたからといってデッキの中に2枚しかないカードを2枚引き入れないとただのクロスライド持ちバニラになってしまいます。ジエンド型はこれによりほぼ構築不能となったと言えるでしょう。
オラクルもツクヨミ型にするならFv一拍子は当然変えられないので満月ツクヨミ1枚態勢が強いられます。この時点で半月のスペリオルライド効果はほぼ捨てているようなものであり当時主流のG3をツクヨミ4枚にして他のグレードのカードを増やすデッキタイプは作れなくなりました。しかもゾーンのフィニィッシャーとしてのトムが不在、ツクヨミもほぼ構築不能になったと言えます。
ロイパラはぶれいぶでマジェをサーチできるため上2つほど構築が不可能になったわけではありませんが当然安定性はガタ落ち、ぶれいぶでほぼマジェを持って来なければいけないので最速マジェ☆2も達成し辛くなりました。
 
これにより一気に環境トップ3つが姿を消すことになりLB勢による新時代がはじまることになりました。(本来はもっと早くそうなるべきだったのですが)僕もこのときは新制限後になんのデッキを使おうかとてもワクワクしていたのを覚えています。
 
とりあえず今回はここまで。
次回は後半、新制限後の竜騎激突環境を解説していきます。
 
 
 
 

Gガーディアン+Gゾーン16枚で変わる環境

 
こんにちは!今回はこれからのGガーディアン+Gゾーン16枚環境について話したいと思います。
 
4月にヴァンガード公式からの発表がありGゾーンが今までの8枚から16枚への増加、そしてGガーディアンシステムの導入が決定されました。
 
Gガーディアンとは互いにG3のVが存在するときに治トリガーを手札から捨てて発動できるものでGゾーンから出現します。
当然Gガーディアンもカードによって様々なテキストがあります、現状の共通点はガード値が15000あるということでしょう。
条件を満たせば20000ガードになるものやリアに抵抗をつけるもの、手札を一枚捨てて25000ガードになるものとすでにこの時点でかなり面白い効果のものがたくさん出てきています。
 
今までのヴァンガードは攻撃のインフレに対して防御側のインフレが進んでいないものでした、それに対する救済措置と思われます。
そして今までは普通にゲームが進めばGB2を最初に達成するのは後攻側でしたが、Gガーディアンの登場によって先行で治を切ってGガーディアン発動→いきなりGB2超越効果発動という流れができるようになりました。
これで先行後攻の有利不利もほぼなくなったように思えます。個人的にGガーディアンという試みは非常に面白いと思いました。
 
そしてGゾーンの増加、これもいい試みというよりはGガーディアンが増えた以上は当然かって感じはありますw
というより単純にGガーディアンの枠を増やした12枚ではなく、16枚というところが評価できる点だと思います。
増加枠8枚全てGガーディアン投入ってわけでは当然ないと思うので現状でもかなりデッキに幅が出てくると思います。
わかりやすいところだとギアクロニクル。
今まではGゾーンがカツカツで投入が厳しかったクロノスコマンドレヴォリューションなども採用候補に入ってきます、というよりノキエルが流行している今なら必須クラスかもしれません。
 
その他にもGガーディアンによってクレイエレメンタルが簡単に裏返るということはポックルやティアが使いやすいということにもつながります。ノキエルの他にも七海やギアクロニクルがポックルをサーチしながら連打してくるとなるとリンクジョーカーは少し向かい風かもしれません。
 
とりあえずこんなもんだと思います。
僕は今のところノキエルを使い続ける予定ですが面白いデッキがどんどん出てきそうな予感がして今から楽しみです、Gガーディアン環境も楽しんでいきたいと思います!
 

ヴァンガード環境変遷(極限突破〜蒼嵐艦隊環境)

 
ついにリミットブレイク(以下LB)環境には入ります!
 
・『極限突破』環境
新たに『ゴールドパラディン』『なるかみ』『エンジェルフェザー』が単一クラン構築可能に。 アニメ2期の設定上でロイヤルパラディン、かげろう、シャドウパラディンが封印されロイヤルパラディン的立ち位置で出てきたのがゴールドパラディン、かげろう的立ち位置で出てきたのがなるかみでした。
LBという4点以降有効なスキル持ちのユニットでは前列全てにアタックするというド派手なスキルを持つ『ドラゴニックカイザーヴァーミリオン』などが登場しました。
では肝心の環境はどうだったのか…
 
ロイパラ、かげろう、オラクルの三竦みでした!環境全く変わらず!!!
スキル自体がマジェやジエンド、ツクヨミなどと比べると劣っている上にLBという制約も重くのしかかっていたイメージがあります。それに加えて不十分なプール。
新規勢も環境トップの一歩手前まではいったものの大きく環境が動くことはありませんでした。
 
 
『獣王爆進』環境
新たに『グレートネイチャー』が単一クラン構築可能に。
環境としてはオラクルシンクタンクの新たなFv『ルル』の追加により『ココサクヤ』という新たなデッキタイプが追加、大量ドローによるアドバンテージの獲得からトムで削っていくデッキでした。ツクヨミよりプレイングの差が出にくかったので個人的に結構好きでしたw
その他は特に環境に現れることはなかった上にルキエ以外のカードのシングル価格が軒並み安かったことも加わって『獣王爆死』とか言われる少しかわいそうな弾でした、高騰したとはいえココは2弾のかーどですしね。
 
 
『蒼嵐艦隊』環境
アニメ2期ボスの使用クランである『アクアフォース』が登場(その前にTDで単一クラン構築は可能になっていました。)
『次元ロボ』名称の追加などもあり非常にアツイ弾だったと思います。
基本的に3すくみ環境は変わらなかったもののネオネクタールの『アルボロス』がその連携を決めた時の強力さから環境に顔を見せたと思います。
ただやはり連携を決めた時と決められなかった時の差が大きすぎたため他の3つと比べると安定という面では劣っていたと思います。
 
極限突破、獣王爆進、蒼嵐艦隊環境は新規クランの追加や既存クランの追加などヴァンガードそのものとしては盛り上がりを見せた弾でしたが、環境的には封印されたはずのロイヤルパラディンやかげろう、